【新潟で人に役立つ仕事を】社会福祉士になるには|Professional Things
HOME>info>【新潟で人に役立つ仕事を】社会福祉士になるには

困っている人の力になりたい

福祉の分野での就職を考えているなら社会福祉士の資格を目指しましょう。困っている人の力になりたいという人にもやりがいのある仕事ですよ。そうはいっても社会福祉士ってどんな仕事なの?資格ってメリットあるの?と疑問に思った方の為に、ここでは社会福祉士についてまとめています。

社会福祉士になった理由ランキング

no.1

福祉の幅広い分野で活躍可能

社会福祉士は児童相談所や高齢者施設でも活躍していて、幅広い年代を対象にしています。そのため、広く福祉の分野で活躍したいという人や人の役に立ちたいけれど、どの分野で働くかは迷っているという方も社会福祉士の資格を選んでいるようです。福祉の分野の資格の中でも広い分野で対応できる資格としてとても人気があります。

no.2

人に役立つ実感がある

社会福祉士の主な仕事内容は相談を受けることにあります。患者や利用者の困り事を聞いて問題解決できるようにサポートすることで人に役立ちたいという人が社会福祉士を目指しています。

no.3

コミュニケーション能力が発揮できる

学生時代のアルバイト等で接客に自信があり、コミュニケーション能力を仕事に活かしたいという人が社会福祉士を目指すことも多いです。社会福祉士は人と接することが多いので十分にその個性を活かすことができるでしょう。

女性

一生モノの資格が取れる

資格がないとできない仕事があり、その資格取得のために学校に通ったり勉強しないといけなかったりするときもあります。受験資格を取るのが難しかったり試験そのものが難しかったりする時もあり、学ぼうとするときはそれなりに気合を入れる必要があるでしょう。新潟県の学校を利用して社会福祉士を目指そうとする人がいます。人気の理由として資格というものは一生モノだからというのがあるようです。学生時代に取得をしておけば、将来的にもその資格がないとできない仕事ができます。

人と関われる仕事

子供のころは親に育てられますが、やがて自立をします。ただ大人になったとしても必ずしも自立した生活を送れるとは限らず、いろいろな助けが必要になるときがあります。新潟県の学校では社会福祉士になるためのコースが用意されています。非常に人気で多くの学生が取得のために学んでいます。社会福祉士関連の資格を取得すると、困っている人に対していろいろなアドバイスをすることもできます。障害があったり介護が必要だったりする人と家族と関わりながら仕事をします。

就職に役立つ資格

就職をするには自己PRが必要ですが、資格があるとその資格を必要とする会社などで評価が高まるかもしれません。新潟の社会福祉士の資格が取れる学校が人気で、資格を取得して就職に役立たせようと考える人が多いです。入学の事を考えるのではなく、卒業後のことも考えておくことも必要です。

広告募集中