臨床工学技士の仕事は人の命を救う!国家試験対策は必須|Professional Things
HOME>人気記事>臨床工学技士の仕事は人の命を救う!国家試験対策は必須

医療の機械の専門家

臨床工学技士は医療の現場の機械の専門家です。国家試験に合格することが必要ですが、何を対策したら良いか分からないという人の為に臨床工学技士の試験対策について解説しています。また、臨床工学技士の基本的な仕事内容についてもQ&A形式でお答えしますので参考にしてみてください。

臨床工学技士のついてのQ&A

臨床工学技士の仕事ってなあに?

人工呼吸器や人工透析装置を操作する仕事です。他の医療従事者とコミュニケーションを取りながら仕事をすることが求められています。装置の点検も仕事の一つです。

どんな人が向いている?

機械が得意な人や好きな人は抵抗なく学ぶことができるでしょう。また、人の命に直結する仕事なので責任感と慎重さも重要です。

需要はあるの?

医療機器の管理も臨床工学技士の重要な仕事です。高度な記述や機器が次々と出てくるので、それに対応できる臨床工学技士は需要が増加しています。

関連の民間資格の取得

男女

資格には国家資格と民間資格があり、医療従事者になるには国家資格の取得が必要です。臨床工学技士になるにも国家試験に合格して国家資格を取得しなければいけません。その時に重要なのが、どんな勉強方法を取るのが良いかです。民間資格の中にこの資格に関連性の高いものがあります。まずは在学中にそちらの取得のための勉強をしておきましょう。国家試験は卒業直後に一発試験で行われますが、民間試験を事前に受けておけば試験慣れできるかもしれません。

過去問対策は必須

臨床工学技士になるには、説明した通り国家試験に合格しないといけません。所定の範囲のテキストなどを理解し、内容をしっかり覚えていれば合格できると考えるかもしれません。いくら理解や内容を覚えても合格できない可能性があります。試験にはそれぞれ一定の特徴があります。出題のされ方があり、個々の問題は違えどある程度同じような形式で出題されます。それに慣れていないといくら知識を持っていても正しい解答ができません。過去問対策をしっかりするようにしましょう。

8割の正解を目指す勉強

臨床工学技士の国家試験では、合格者の正答率として6割程度を求めています。つまりは6割正解なら合格できます。100点満点を取ろうとするとかなりの勉強が必要で、6割だと心もとないでしょう。8割の正解を目指す勉強方法をしてみましょう。また、効率よく学び、技術も身に付けられるのが通学です。臨床工学技士が目指せる学校があり、専門学校でも3年制を設けています。学校なら試験対策はもちろん、実習も行うので卒業後早い段階で戦力となることも可能です。卒業後も経験や知識を持っていることから、採用もされやすいでしょう。

広告募集中